gps発信機を使う上での注意点

gps発信機はどこに取り付けるのか検討することや、取り付け後の誤差の確認と微調整が重要です。

gps発信器の大きさによる利用用途比較!

浮気の調査や業務管理

浮気調査の場合は監視していることを見つからないように配慮する必要がありますので、目立ちにくい色で小型のgps発信器が望ましいと言えます。ただし業務管理の場合も含め、対象が動くことを考慮すると、あまりに小型ですと性能が十分でないこともありますので注意が必要です。

物品の盗難、紛失防止

大切なバッグや車の鍵などを万が一紛失した場合に備えて、現在の位置を把握できるようにしておくためにgps発信器を使うなら小型で邪魔にならないgps発信器が良いでしょう。高齢者や子供の見守りでれば、ある程度存在感があって気にならない程度の大きさのgps発信器を選びます。

衛星を使った位置把握

女性

gps発信機は、基本的には衛星から送られてくる電波を使って位置を特定するというものです。gpsはスマートフォンに内蔵されている身近な存在ですが、逆にスマートフォン以外ではあまり触れる機会がありません。その位置を知るための機能を持った製品は、数多く提供されています。一般向けの製品であればパソコンやスマートフォンを使って簡単に操作でき、リアルタイムで位置を表示するものや、特定の期間内で移動したルートを表示するものなど色々あります。危機管理目的で製造されているタイプであればそこまでサイズが大きくはなく、手のひらに収まる程度で済みます。そのため大人から子どもまで幅広い人に持たせることができ、地下や壁が厚い屋内など電波が届かない場所以外であれば、どこにいるのかを知ることができます。

子どもの位置把握のみに適している

カーナビ

子どもの危機管理として位置を知る方法にはスマートフォンが挙げられますが、かえって他のトラブルに巻き込まれるリスクが高く、まだ持たせたくないと考える保護者は少なくありません。機能を抑えた携帯電話にしても、位置を知ることだけが必要な場合には無用の長物になりかねません。だからと言って防犯ブザーだけでは物足りない時に、gps発信機が活用できます。現代では子ども向けのサービスも数多く提供されているため、注目を集めています。

高価な車やバイクの盗難対策に

カーナビ

gps発信機は盗難被害に遭った場合にも活用でき、その対象は車やバイクなどです。世界的に見て比較的治安が良い日本でも車やバイクが盗まれるのは珍しくなく、部品単位で売却されてしまうため戻らないということはあります。何も対策をしていないと警察であっても追跡は不可能なので、その被害を抑えるために位置を把握できるgpsを活用するというわけです。多少の費用が掛かっても高額な車両を盗まれる被害を免れるということで、注目されています。

広告募集中