HOME>オススメ情報>gps発信機取り付けのコツや注意点について

gps発信器がばれる人の特徴

gps発信器を取り付けた事により嘘がわかるので、感情的になって質問攻めにしたり、無視する態度が出てしまう方はバレやすい方です。

gps発信器の使い方のコツ

移動する車や自転車に取り付け

振動などで落下して壊れないようにしっかりと取り付ける。

高齢者や子供の居場所を知りたいなら

確実に持ってもらうために携帯電話や防犯ブザーと一緒にする。

プライバシーの侵害に注意

夫婦間でも社員であっても同意を得る必要があります。

盗難や紛失対策に使用する

バイクや高価な自転車、大切なカバンに取り付けれること。

浮気現場を特定するため

自動車や持ち物に取り付けて浮気の証拠を集める。

自動追跡タイプが便利

カーナビ

小さい子供を育てている家庭では子供の安全を守る必要があります。日本は治安がいい国ではありますが、子供が誘拐されてしまうリスクは存在しますから、何かあったときに子供が何処にいるのかをすぐ確認できるようにしておくのが大切です。そんなときにgps発信機を利用することで、簡単に子供の居場所を把握することができます。子供の見守りをメインに考えている場合は、自動追跡タイプのgps発信機を利用すればリアルタイムで発信機を持たせている対象者の位置をパソコンやスマートフォンを利用して確認することが可能です。危機管理をするときに守りたい対象の動きをリアルタイムで確認することができるのは、警察に情報を提供するときにも役立ちます。子供の安全を守るだけでなく、ちゃんと学校や塾に行っているのかを確認するときにも利用できますから、とても便利です。

盗難対策なら手動検索タイプも便利

カーナビ

子供のように自由に動く対象を見守るのではなく、乗り物や貴重品などの基本的に勝手に動くことがない物を見守るときは手動検索タイプのgps発信機でも役割を果たしてくれます。バイクなどに手動検索タイプのgps発信機を忍ばせておけば、仮に盗難されたときに何処に停車されているのかを簡単に確認することが可能です。

広告募集中